色んな毛糸で毛糸ぽんぽん〜素材別編と形状別編〜

Pocket

毛糸にも色々種類がありますよね!

今回は色んな毛糸を使って作ったぽんぽんをご紹介します。

 

 

〜素材別編〜

毛糸はウールをはじめ、様々な素材のものがあります。
そんな毛糸を動物系、植物系、人工系で分けて紹介します。

 

動物系素材

ウールやカシミヤ、アルパカ等があります。

中でも一般的なウールで作ったぽんぽんのご紹介です。

ウールは基本的に当サイトでメインで使っている毛糸になりますので、今さら感はありますが……改めてどうぞ(笑)

ウール

2本取り 106回毛糸ぽんぽん ウール①

毛糸ぽんぽん ウール②

あたたかくて優しい手触りです。

動物の毛を使っているので、やはり動物のぽんぽんには1番適しているかと思います。

 

植物系素材

コットンやリネン等になります。

今回コットンとリネン、それぞれでぽんぽんを作りました。

コットン

2本取り 106回毛糸ぽんぽん① コットン

毛糸ぽんぽん コットン②

柔らかく、つるっとした手触りです。これはこれでアリですね(笑)

 

リネン

1本取り 240回毛糸ぽんぽん リネン①

毛糸ぽんぽん リネン②

ぽんぽんには向かない素材かもしれません、なぜかというと…

毛糸ぽんぽん リネン③

糸が少しかたいせいか、しっかり結んでも広がらず、ぽんぽんになりません……もしかしたら、巻く量を少なくしたり、ハーフぽんぽんにして間にボンドをつける、などやればいけるかもしれません(今度挑戦してみます)

いずれにしても、少しコツが必要な素材のようです。

 

 

人工系素材

アクリルやポリエステル等になります。

アクリルもウールと同様、ぽんぽん作りによく使います。

ここでもアクリルで作ったぽんぽんをご紹介します。

アクリル

2種作りました

1本取り 140 回毛糸ぽんぽん アクリル①

毛糸ぽんぽん アクリル②

2本取り 152回毛糸ぽんぽん アクリル③

毛糸ぽんぽん アクリル④

なんとなくウールよりも糸のばらつき感があります。

細い毛糸のぽんぽんはよりばらつき感がありますね。

2種作った理由は、アクリルで作った最初のぽんぽんが、リネンのぽんぽんよりと、太さに差がありすぎたためです。

 

 

すべて比較

毛糸ぽんぽん 素材別

やっぱりウールが1番扱いやすかったです。アクリルも悪くないですが…。アクリルの細い毛糸のほうは、もうちょい巻いたほうがよかった感じがします。

リネンはかための糸だったこと、そして糸に弾力性(?)がなかったために、ひろがらなかったのかな、と思います。

コットンの毛糸は初めて作りましたが、なんともいえないつるつるした感触で、個人的にはかなり好みです(笑)

 

〜形状別編〜

毛糸は「ストレートヤーン」と「ファンシーヤーン」で大きく分けられます。

 

「ストレートヤーン」はよくあるベーシックな、糸の撚りが一定でまっすぐな形状の毛糸のことです。

上の素材別に作ったぽんぽんはすべてストレートヤーンを使っています。

 

「ファンシーヤーン」は逆に形状変化のある糸です。

撚りが一定ではなかったり、毛足が長かったりします。

 

ここではそんなファンシーヤーンで作ったぽんぽんをご紹介します。

(ストレートヤーンは素材別編で紹介したため、割愛です)

 

スラブヤーン

太いところと細いところがある糸で、ファンシーヤーンの中では比較的扱いやすいです。

1本取り 56回毛糸ぽんぽん スラブヤーン①

毛糸ぽんぽん スラブヤーン②

 

ループヤーン

ループができている糸のことです。こちらも比較的扱いやすかったです。

1本取り 56回毛糸ぽんぽん ループヤーン①

毛糸ぽんぽん ループヤーン②

 

テープヤーン

テープ状の毛糸です。

1本取り 126回毛糸ぽんぽん テープヤーン①

毛糸ぽんぽん テープヤーン②

こちらもリネンで作ったぽんぽん同様……

毛糸ぽんぽん テープヤーン③こうなりました……

糸がかためというよりは、弾力性(?)がなかったためかなと思います(素材はレーヨンとポリエステルです)

別素材のテープヤーンなら、もっとマシにできたかもなぁ、と……いずれ挑戦します!

 

ファーヤーン

毛足の長い毛糸です。

 

1本取り 50回毛糸ぽんぽん ファーヤーン①

毛糸ぽんぽん ファーヤーン②

毛足が長くて、カットが大変でした。毛もすごい落ちて、正直扱いづらかったですが、ぽんぽん自体はかわいいです。

 

すべて比較

毛糸ぽんぽん 形状別

 

ファンシーヤーンは他にもありますが、今回用意したのはこの4つです(また別の毛糸でも挑戦予定です)

 

この中ではスラブやループが扱いやすく、ファーは少し扱いづらかったです。

テープヤーンは要再挑戦です(笑)

 

まとめ

以上になります。

 

毛糸の太さはもちろんのこと、素材、形状などの違いで色んな表情をみせてくれました。

 

みなさんも色んな毛糸でぽんぽん作ってみてください。

 

追記:ぽんぽんは毛糸以外のものでも作れます。

それはまたの機会にご紹介しようと思ってます!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です